トップページ > 自動車から仕事を選ぶ > ドライバー派遣Q&A > 仕事場で使われる用語 > 労働者派遣法を知ろう

仕事場で使われる用語

ドライバー派遣の派遣先企業の現場でよく使われる用語を集めました。
派遣前に予習や、研究にお役立て下さい。物流用語に関しては、プラウド物流用語集をご覧下さい。
仕事場で使われる用語
|な||ま||わ|EP

アオリ

平ボディの荷台の周囲に取り付けてある板状のもの。

ページトップへ

エア噛み

ディーゼルエンジンの燃料系統にエアが混入して、燃料を吸い上げられなくなる現象。ガス欠と似た状態になる。

ページトップへ

オリコン

オリコン折りたたみコンテナを略した言葉。
プラスチック製の収納ケースで、使用しないときは、コンパクトに折りたたむ事ができます。
コンビニエンスストア、軽作業の工場などでよく使われています。

ページトップへ

海コン(カイコン)

「海上コンテナ」の略。陸揚げされた後はそのまま台車に載せ、トレーラー車として輸送されることが多い。
種類は、ドライコンテナとリーファーコンテナの2つが代表的。
サイズはいずれの種類も、40フィートコンテナ、20フィートコンテナの2つが多い。

ページトップへ

架装物

ダンプの荷台や、タンクローリーのタンクなど、トラックのシャーシに取り付ける業務専用の荷役装置などの総称。

ページトップへ

ガッチャ

ラッシングベルトのこと。
荷崩れ防止のために使用する、増し締め装置付きのベルト。締めるときに音がガチャガチャすることからこう呼ぶ。

ページトップへ

カプラー

トラクタとトレーラーを連結する連結器で、トラクタ側についている。
ここに、トレーラー側についているキングピンを接続して連結する。

ページトップへ

観音

バンなどの荷台の後部についている、観音開きの扉のこと。

ページトップへ

カンカン・台貫(ダイカン)

車両の重量を測定する秤。車輌が自走したまま秤に乗り、測定できるようになっている。

ページトップへ

ゴトコン

5tコンテナの略。
列車輸送専用の小型コンテナだが、ときに日本近海での船便で使用する場合もある。

ページトップへ

サイドバンパー・サイドガード

トラックの前輪と後輪の間、荷台の下にある、棒状の巻き込み防止装置。

ページトップへ

坂道発進補助装置

メーカーによりHSA、EZGOなどと言う。
ボタンを押してフットブレーキを踏むと、フットブレーキを離してもブレーキが解除されないため、運転手はアクセルとクラッチの操作に専念できる。4t以上のエアブレーキ装着車についている場合が多い。

ページトップへ

シール

コンテナの扉の施錠部分に装着される、アルミ製の封印。
輸送中にコンテナが開扉されたかどうかを判断する材料となるため、コンテナ到着時のシールの点検が保険会社によって求められている

ページトップへ

シャーシ

自動車の車体(ボディ)を除くすべての機構を指す。
また、トラックの特装前の車体で、キャビン(運転席)のみがついている状態を裸シャーシという。

ページトップへ

軸重・輪荷重

道路運送車両法の保全基準によって、トラックには車両総重量と軸重、輪荷重のそれぞれに規定がある。
軸重とは1軸当たり(左右両輪)にかかる荷重で、輪荷重はタイヤ1つ当たりにかかる荷重のこと。なお、大型トラックでは、車両総重量を複数の車軸で分散して支えられるように3軸車や4軸車を使用することが多く、小型・中型トラックでは普通車と同様の2軸車が多い。

ページトップへ

台車・トレーラー

トレーラー車の、トラクタによって牽引される側(後ろ側)の車輌。
エンジンがついていないため単体では走行できないが、ナンバープレートは付いていて、ナンバープレートに対して自賠責保険がかけられる形となる。

ページトップへ

台切り(ダイギリ)

トラクタからトレーラーを切り離すこと。

ページトップへ

ダンプカー

油圧で荷台を傾斜させる機構(ダンプ)がついている特装車。
荷台の土砂などを、人手を使わずに荷下ろしできる。

ページトップへ

ダンプブレーキ

ダンプカーやミキサー車などが重量物を降ろす際、サイドブレーキだけでは車が動いてしまうことがあるので、それを防止するために取り付けられている強力なパーキングブレーキ

ページトップへ

突入防止装置

普通車がトラックの後ろから追突したとき、トラックの下にもぐりこんでしまう事故を防止するため、トラック後部に装着が義務付けられているリアバンパー。大きさなどの規定がある。

ページトップへ

ツーデフ

後ろに2軸あるトラックで、2軸の両方が駆動しているもの。
登坂能力や悪路での走破性が向上するため、ダンプなどの建築現場で使用される車両や、降雪地帯で使用される車両に多い。

ページトップへ

トラクタ・トレーラーヘッド

トレーラー車の、運転席がある側(前側)の車輌。単に「ヘッド」と呼ぶ場合も多い。
通常はヘッドの後部にトレーラー(台車)を連結して走行する。

ページトップへ

ドライコンテナ

海上コンテナの種類の一つで、常温で貨物を輸送するための密閉式コンテナ。
一般用途にはもっともよく使用される。

ページトップへ

パッカー車

廃棄物等を荷箱に押し込むための装置が付いている特装車。ごみ収集車としてよく使用されている。

ページトップへ

バラ車

バラセメントを運ぶ特装車。

ページトップへ

バン

荷台にアルミ製の箱を取り付けて(架装して)いるトラック。

ページトップへ

平ボディ

荷台に屋根のついていないタイプのトラック。荷台にはアオリのあるものとないものがある。

ページトップへ

引きずり

後ろに2軸以上あるトラックの、駆動輪以外の空転している車輪。
普通は、一番後ろの車軸についている車輪が「引きずり」となる。このように、後輪に2軸以上あるうちの1軸のみが駆動輪となっている車両を「ワンデフ」と呼ぶ。

ページトップへ

ヤード・コンテナヤード

コンテナ船への積込・荷卸を行う際に、一時的にコンテナを野積みしておくために設けられた港湾施設。
略称はCY。

ページトップへ

リーファーコンテナ

海上コンテナの種類の一つで、冷凍・冷蔵して貨物を輸送するための保冷用コンテナ。
温度調節によって冷凍・冷蔵ともに可能な機種が多い。
トレーラーとして運ぶ際には、トラクタから電源を取って保冷機を回すため、電源機のある特殊なトラクタを使う。箱全体が断熱材で囲われているため、同じサイズのドライコンテナに比べて内容量は小さくなる。

ページトップへ

EC物流

EC(Electronic Commerce)物流(Physical Distribution ) 電子商取引に伴う物的流通。VANやWAN、インターネット等のPC通信利用による電子データを活用した取引。eコマースに伴う、輸送・配送の他、保管・荷役・包装・流通加工・物流情報処理がある。昨今は代引き決済の増加により、商流の一部も担っている。大きく分けて ・eマーケットプレイス(BtoBの大規模な企業間取引) ・オンラインショップ/eショッピングモール(主にBtoC、通販・楽天市場など) ・オークションサイト(CtoCをベースにBtoCも混在)など3つのパターンがある。EC物流の特徴として、情報システムの連携・宅配便の活用・コンビニ 受け取り・電子ロッカー・エスクローサービスなどがある。今後ますますEC周辺業務がEC物流事業者に求められるだろう。

プラウドの「EC物流」サイトはコチラ

ページトップへ

PPバンド

荷物を梱包するためのプラスチック製の熱圧着型のバンド。

ページトップへ

PTO (Power Take Off)

ダンプカーやミキサー車など、作業用に大きな動力の必要な架装物を取り付けた車両のために、油圧機器などを駆動させる動力をエンジンから取り出す動力分配装置。

ページトップへ